リコルソの気に入らなかった部分まとめ

〇天井高の低さ
普通車に比べればそれなりに高い天井ですが、それでも着替えをするときに手が天井にあたってしまい痛い思いをしたことが何度もありました。
室内を歩くときはかなりの猫背を強いられます。
こればかりはミドルルーフの弱点だと思います。

 

 

〇床板の熱
特に夏場、長距離を走ったあとはダイネット前方の床板がめっちゃ熱くなります。
これはエンジンを止めてもしばらく続くので、それでなくとも暑い室内が暖房時のようになるのです。
対策として遮熱材を敷き詰めてみたものの効果は限定的。
室内を冷やすために車のエアコンを使えばエンジンが熱を持つしどうしようもありませんでした。
もう寝苦しい夜はイヤだぁ。

 

 

〇冷蔵庫の音鳴り
リコルソはエンゲルの40リットル冷蔵庫(引き戸タイプ)が付いてます。
古いせいなのかもしれませんが、これがけっこううるさいんです。
コンプレッサー?が動作するときうるさくて夜熟睡出来ませんでした。
そのためクーラーボックスを買おうかとマジで考えたくらいです。
ほんと静かな環境で眠りたい・・・。

 

 

〇収納部の少なさ
キャンプを始めてからこのことに気づきました。
とくに長物をいれるスペースが少なく、タープやテーブルを収納するのに困ってました。
折りたたみ自転車を買ってから、それはピークでしたね。
とにかくたっぷりの収納スペースが欲しい!

 

 

〇室内移動のしにくさ
リコルソは運転席とダイネットの境に家具がしつらえてあるので、まるでリビングにいるような感覚になるのですが、いざ運転席とダイネット間を移動しようと思うと窮屈な姿勢でそこを越えなければなりません。
最近のリコルソは改善してるようなんですが、私のは旧式なのでそれが面倒でなりませんでした。
できればスムーズに移動がしたい。

 

 

〇面倒なベッドメイキング
リコルソは椅子とベッドが共通なので、食事をしたあとにベッドメイキングしなければなりませんでした。
椅子はワンタッチでベッドになるけど、テーブルをいちいち収納しなければなりません。
アルコールを飲んだ後はそれが面倒で仕方なかった。
最近はテーブルはそのままに、片方だけベッドにして寝てたけど寝返りを打つときに腕や足を小突けるんですよね。
それで目が覚めたりして・・・。
とにかく安眠できる環境が欲しい。

 

 

〇安心できないバッテリー事情
我がリコルソはツインサブにしてたんですが、夏場に冷蔵庫を使うと3日以上の連泊は難しかったです。
ソーラーがあれば何とかなるんでしょうけど、高年式の車にそこまでの投資は考えてしまいます。
とにかく安心して使えるバッテリー環境が欲しい。

 


〇シートベルトの無いシート
決定的だったのが後部シートにシートベルトが付いてなかったこと。
平成23年式、道交法的に付いてなくても問題ない時代だったのかもしれないけど、さすがに高速道路で人を乗せるのには抵抗がありました。
年老いた両親を連れてあちこちするにはやっぱりシートベルト付きのクルマが欲しかった。

 

(つづく)

JUGEMテーマ:キャンピングカー